ークリスタル一覧ー

砂漠のバラの意味の意味


 砂漠のバラ(デザートローズ)は、世界中の砂漠から産出されています。
  かつて“オアシス”があった場所からしか見つかっておらず、産出されていません。 地下 水や地底に染み出した水のミネラルが溶け出して結晶化したと言うことは、わかっていますが どのようにして美しい薔薇の花のような形状をして生まれるのかは 、科学的にまだ解明されていません。
 
 砂漠のバラと呼ばれるものには、 石膏が結晶化したもの(ジプサム)と、 重晶石の酸化バリウムが結晶化したもの(カルセドニー)があります。 
 砂漠のバラは、地表下数センチ〜数メートルのところに形成することが多く、砂漠の砂を含んでいるためキラキラとした輝きを見ることができます。
 含まれる成分によって、小さなバラ状の固まりがいくつも重なった結晶になったり、一個体の大きなバラ状の結晶になります。
 
 砂漠でのオアシスは、砂漠を行く人たちにとっては、大地の恵みとも言うべき場所です。 そんな砂漠での道しるべが、砂漠の薔薇(デザートローズ)で、 「願いをかなえてくれる石」と呼ばれるのでしょう。
 宝石言葉は『愛と知性』で、深い愛情を持って人と接することを可能にしてくれる石です。
 
*非常にもろい石ですので、浄化の際は、長時間の水に触れることがないようにしてください。

砂漠のバラのヒーリング効果



 砂漠のバラ(石膏)
 

 砂漠のバラ(重晶石)
 “悪縁を断ち切る石と呼ばれ、これまでの 悪縁(ストーカーや友人、仕事関係の人付き合い)や悪い習慣や 依存症を断ち切るのに効果的です。
 家やお店、会社の玄関等に置くと悪縁を断ち切る手助けになるでしょう。
 
 この石の持つ柔らかな波動は、 寛容さを育み、周囲への深い愛情を育てることを助けます。過酷な状況の中でも冷静さを思い出させてくれ、同じ環境下の人と助け合える状態を作ってくれます。
 
  不安や恐れを手放してネガティブな波動を、愛のポジティブな波動へ変えて、人から受けるのみならず与えることを促して慈愛の波動を高めて くれ、また 感情が出過ぎるのを 抑制してくれます。
 何かをするときに、途中で諦めてしまったり、心が折れてしまう時には、心を落ち着かせて、今必要な洞察力や集中力を高めてくれます。
 
 瞑想で用いれば古い憎しみを愛に変えたり、対立をなくすために過去に戻るのを助けてくれたりします。
 また、自ら課したネガティブな記憶、プログラミング信念系統(刷り込みや思い込み)が不要であることを思い出させて解放して、本来の輝きを取り戻す力を高めてくれます。

砂漠のバラ(Desert Rose)別名:デザートローズ 和名:重晶石または、石膏


キーワード 悪縁や悪い習慣を断ち切る、愛の象徴、刷り込みや思い込みの解消
結晶系 単斜晶系
化学組成 石膏、ジプサム(CaSO4)、重晶石(BaSO4)
硬度 2~3.5
原産地 モロッコ、チュニジア、メキシコ、オーストラリアなど
チャクラ 太陽神経叢チャクラ(第3)
バースナンバー      0124・1月24日
エレメント
十二星座 水瓶座
惑星 土星、天王星
効果 ・今までの悪縁を断ち切る(浮気防止、ストーカー防止、友人関係、仕事関係)
・不安を手放して憎しみのネガティブな波動を愛のポジティブな波動へ変えてくれる
・夢や希望を叶えようとしている人の願いを叶えてくれる石
・コミュニケーションを円滑にしてくれる力を持つ

※『ブック・オブ・ストーン』『クリスタル百科事典』 『誕生日別パワーストーン辞典』より一部引用させて頂きました。