ークリスタル一覧ー

ローズクォーツの意味


 ローズクォーツは、少量の酸化チタンやアルミニウムが含まれることでピンク色になった水晶で、『薔薇水晶』や『紅水晶』とも呼ばれています。
 ローズクォーツは、ギリシャ神話の愛と美の女神"アフロディーテ"に捧げられたバラから命名されて、『ハートを活性化する愛の石』と言われています。純正で豊かな愛を育てて自己愛を高めて、他人を愛する心も育ててくれます。
 美、優しさ、豊かな感情を育てるローズクォーツは、それとは反対の感情を遠ざけるパワーもあります。怒りや恐怖、嫉妬、悲しみ、孤立感といったネガティブな精神状態から持ち主を守ってくれます。
 肉体的には心臓=ハートを活性化する力があるので心臓、血管、血液の病気に効果が期待できます。
 マダガスカル産の良質なローズクォーツには、針状のルチル(金紅石)、輝石、角閃石が内包されることで、一定の方向から光を当てると4条の十字、6条や12条のスターが現れるスター・ローズクォーツが産出されます。
 
*紫外線にやや弱い石のため、太陽の光、直射日光に当てすぎると退色や色褪せすることがあります。

ローズクォーツのヒーリング効果



 スクリューカットのローズクォーツ

 スター・ローズクォーツ

 ローズクォーツは、無条件の愛をテーマにした、愛と美の星”金星(ヴィーナス)”を象徴する石で、感情面のストレスを素早く解放して、ネガティブなエネルギーを取り去り、不安や恐れを和らげて、温かい思いやりと無条件の愛を全身にもたらします。
 『自分自身を許す』というヒーリング効果に優れていて、失恋による心の傷のほか、不安や恐れ、怒りなどのネガティブな感情で自分自身を傷つけようとする時、自分を愛し慈しむことを教えてくれます。
 また過去の心の傷やトラウマを癒し、自己信頼を促し、他者からの愛情を受け入れられるようにしてくれます。
 
 ローズクォーツは、ハート(第4)チャクラを活性化させるので、あらゆるレベルの心を浄化し、開き、深い内面的な癒し、無条件の愛・自己愛・スピリチュアルの愛を高めて人を愛するエネルギーを高めてくれます。
 怒りや恐怖、嫉妬、悲しみ、孤立感といったネガティブな精神状態から持ち主を守ってくれます。優しい波動で調和を取りながらネガティブなエネルギーを徐々に取り去って、愛に満ちたポジティブな雰囲気に置き換えます。
 
 ローズクォーツは恋愛に関する石で、持ち主の女性性を高め、内面の美しさを輝かせる力を持ち、あらゆる美に対する感受性を高めます。愛を引き寄せる働きがあり、出会いとチャンスを与えてくれ、精神的な潤いを与え、愛を育てるパワーを吹き込んでくれます。
 

ローズクォーツのヒーリングの作用と使い方

ローズクォーツは、愛を引き寄せる働きがあるのでベッドのそばや家の中の人間関係を象徴するコーナーに置くと、愛を引き寄せたり、既存のパートナーシップのサポート、信頼と調和の回復を測ります。

ローズクォーツ(Roze Quartz)和名:紅水晶


キーワード 愛、優しさ、感情の癒し、ストレスの解放、神性との一体化
結晶系 六方晶系(三方晶系)
化学組成 SiO2
硬度 7
原産地 ブラジル、マダガスカル、ナミビア、アメリカ、ロシアなど
チャクラ ハート(第4)
バースナンバー     0223・2月23日
エレメント
十二星座 牡牛座、天秤座
惑星 金星
効果 ・ハートのブロックや傷を癒して、ネガティブなパターンを浄化して心に調和と喜びをもたらす
・インナーチャイルドと過去世からの問題を深く癒してくれます
・オーラの中の感情体の穴や裂け目の傷の部分の修復する
・持ち主の感情のブロックを癒して秘められた魅力を引き出し輝かせます

特殊な形状のローズクォーツ



 スター・ローズクォーツ

スター・ローズクォーツ

 

※『ブック・オブ・ストーン』『クリスタル百科事典』 『誕生日別パワーストーン辞典』より一部引用させて頂きました。