ーマスタークリスタル一覧ー

水入り水晶の意味


 水入り水晶は水晶が形成されていく過程で地殻変動などの外的要因で、偶然に鉱水や気泡、内包物を内包して成長した極めて珍しい水晶で、数万個に1個の割合で産出される貴重な水晶です。
 
 水入り水晶には数千~数億年前の水(鉱水)が、内包されており、中国の皇帝達は、水入り水晶の水を不老不死の妙薬と呼び、こぞって国中を探し求めたと伝承されています。
 
 水入り水晶は水晶が持つエネルギーを増幅させる力とマイナスのエネルギーを洗い流してリセットする力を併せ持っています。
 古くから水入り水晶は、持ち主を悪運や災いから守り、運気を大きく向上させて、必要とする助けやチャンスを引き寄せてくれるとされ、『夢や希望の実現をサポートしてくれる石』と言われています。
 
 インテリアストーンとして部屋に置くことで、その空間にいる人の関係を水の流れのように円滑して対人関係の改善へと導いてくれます。人と人との結びつきを強めて会社内では組織の団結力を強めて人間関係を改善したり、家庭では家族や夫婦円満を維持するとも言われています。
 
*直射日光の当たる場所や高温になる場所では、内包している水分が膨張して、水晶が割れてしまうことがありますので、直射日光の当たる場所や高温になる場所を避けて保管してください。


水入り水晶のヒーリング効果



 水入り水晶 
 

 持ち主を災いから守り、ネガティブな感情や悪運を退けて、運気を大きく向上させて、持ち主の必要とする助けやチャンス引き寄せてくれます。
 また進むべきことに対する迷いを断ち切り、新たな一歩を踏み出す後押しをしてくれ、持ち主の成長を促して、夢や希望の実現をサポートしてくれます。
 
 水入り水晶は、水晶の本来持つエネルギーと合わせて水のエネルギーを持っています。人の関係を水の流れのように円滑して対人関係の改善へと導いてくれます。
 人と人との結びつきを強めてくれるので、会社内では組織の団結力を強めて人間関係を改善したり、お互いの信頼を高めて関係を発展させてくれます。
家庭では家族や夫婦関係、パートナーとの絆を深めて円満を維持すると言われています。
 
 特に丸玉の水入り水晶は、ポジティブなエネルギーを拡大させて、全方向に放出するので、部屋の中心に置くことで、場のエネルギーを高め循環させるので、空間全体の波動を高めることができます。
 自身のオーラ内のネガティブな感情やマイナスのエネルギーを洗い流して浄化して、感情面でのイライラや不安を鎮め気持ちを穏やかにしてくれます。 


ヒーリング効果をより高める石の組み合わせ



 プシュカル水晶とエンジェルラダー

プシュカル水晶&エンジェルラダー

 エンジェルラダーに泡模様の〇、もしくは楕円の波紋のような刻印が入っているマスタークリスタルと引き合うプシュカル水晶を組み合わせることによって、 古代アトランティス時代やレムリア時代に活かすことができなかった才能や能力、叡智と繋がり、今世で活用して活かしていけるようにサポートしてステージアップへと繋げてくれるアセンションクリスタルです。
  プシュカル水晶とエンジェルラダークォーツとの間に出来たエネルギーの柱に、水入り水晶を通すことであなたが持っている可能性と希望の種のエネルギーと同調し、引き出すことで、あなたは自分の可能性の道を開くことに繋がっていきます。
 

※『ブック・オブ・ストーン』『クリスタル百科事典』 『誕生日別パワーストーン辞典』より一部引用させて頂きました。